20代サラリーマンが考える保険とその料金について
20代サラリーマンが考える保険とその料金について

20代サラリーマンが考える保険とその料金について

みなさんは保険に入っているでしょうか。私は20代独身サラリーマンですが、友人が保険の営業マンに転職したことをきっかけに、保険加入を勧められて入りました。それまでは生命保険には何も入っていませんでした。それどころか保険の知識も全くありませんでした。病気になることや自分に何かあることなど考えたことはありません。しかし、今回自分が生命保険に加入することをきっかけに色々と知識を得ることができました。

まず、生命保険には3つのタイプがあることです。1つ目が終身保険です。これはいわゆる貯蓄型の保険であり満期まで掛け金を収めると、収めた金額以上の解約返戻金が戻ってきます。ポイントとしては掛け捨てではないことです。しかし、料金が高いというデメリットもあります。2つめ定期保険です。これは保険適応される期間があらかじめ決まっており、掛け金に対しての保険金が非常に大きくなります。これはいわゆる掛け捨てタイプです。結婚して働くお父さんなどが入ると良い保険と言えます。3つめが養老保険です。これは言うなれば年金のようなものです。あまり入っている人はいないかもしれません。

このようにひとくちに保険と言っても様々なタイプがあり、それぞれのライフステージ、求める保障内容によって加入する保険会社や種類を考える必要があります。もちろん自分で調べることはできますが、担当の営業マン(ライフプランナー)がいれば様々な相談や自分にピッタリの保険を紹介してもらうことができます。また、結婚や出産など人生の節目には保険内容の見直しも必要になります。それぞれのライフステージで最適な保険を検討するときにも担当営業マンの存在はとても心強いものになると思います。自分の場合は友達のため、とても相談しやすく助かっています。私の加入している保険を少し紹介します。現在私は2つの保険に加入しています。一つは終身保険です。これは解約返戻金を狙ったものではなく、最低限のお葬式代として200万円程度を保証してくれるものです。もちろん掛け捨てではありません。加入年齢の料金がずっと適用されるため、若い内に入ることをおすすめします。2つめは定期保険です。これは10年定期タイプで手厚い保障内容が魅力です。こちらは10年毎に料金の見直しが必要となりますが、同時に保険自体の見直しも考えているためこの内容にしました。このように一口に保険といっても、内容や料金など様々です。これを機に保険に関して調べてみてはいかがでしょうか。

最近の急上昇ワード保険。深く知るならココをブックマークしましょう。。